共通点を持つ車種

共通点を持つ車種

日本車が真似をする車種

日本の国産車は今までアメリカやヨーロッパなどの車をお手本にして作られてきました。
それがいつの間にか真似される存在にまで上り詰めたわけですが、それはあくまでも技術的なものだけで、デザイン面に関してはまだまだ諸外国にかなわない状況となっています。
国産車のデザインは過去にアメリカ車のデザインをよく真似をしていましたが、車のサイズの違いや求めるものに大きな差があることから最近ではヨーロッパ車の真似をするようになってきました。
特にドイツの大手自動車メーカーであるメルセデスベンツやBMWは国産自動車メーカーにとっては格好の的で、トヨタや日産の高級大型車などにメルセデスベンツやBMWのデザインに似たものを採用する傾向が強くなっています。
トヨタでは、トヨタ・レクサス店で販売されている高級車のすべてがメルセデスベンツに似たデザインを採用していますし、日産においても海外向けに作られたインフィニティブランドや国内向けでも最近追加された車種であるスカイライン・ハイブリッドなどからBMWのデザインを感じます。
大型車以外でも、スズキのスイフトは過去のモデルがミニに酷似していましたし、マツダのデミオはフォード・フォーカスにそっくりです。
デミオの場合は兄弟車に近いものを持っているので似てくるもの分かりますが、それ以外のものは全く関連性がないのです。
ハイブリッド技術やエコ技術などは日本のほうが先行していますが、鍛錬することで向上することのないデザインセンスは、やはり真似するしかないのでしょう。

注目の車種、ここのホームページでチェック。