共通点を持つ車種

共通点を持つ車種

乗ってみたら同じだった

2013年11月にマツダから新しい車種、アクセラシリーズが発売されました。
注目すべき点は、マツダ初のハイブリッドカーが用意されたことです。
マツダは今までハイブリッドに関しては全く興味を持たず、エンジンだけの低燃費技術に取り組んでいました。
これが軽自動車の世界であれば、ハイブリッドシステムを搭載して重量が増えることを考えれば、既存のエンジンやトランスミッションなどに改良を加えていった方がいいという事になるのですが、普通自動車の世界となるとそういうわけにはいきません。
結局のところ、いくらエンジンモデルで頑張ってもハイブリッドモデルにはかなわないという事を感じたのか、それとも売れ行きの悪さに業を煮やしたのか、あっさりとハイブリッドシステムを導入してしまったのです。
しかし、このアクセラ・ハイブリッド、ボディのデザインなどは全く違うのですが、カタログなどのスペックを見てみるとどこかで見たような数字がたくさん並んでいるのです。
エンジンこそ2リッターエンジンですかなぜか異常にパワーが低いものとなり、モーターの出力もどこかで見たような気がします。
実はアクセラ・ハイブリッドはトヨタのプリウスのハイブリッドシステムをそっくり搭載しているのです。
エンジンはプリウスの1800ccに対して2000ccとなっていますが、プリウスのシステムにあわせるため、大幅なパワーダウンをし、最大トルクやその発生回転数までも同じものとしているのです。
そこまでしてハイブリッドカーが欲しかったのかと頭をかしげてしまうのですが、デミオの販売利益だけでは商売は成り立ちません。
会社を経営していくには仕方がないことなのだとは思いますが、せめてオリジナルのハイブリッドシステムを搭載してほしかったです。
アクセラ・ハイブリッドはマツダ製プリウスという事になります。

注目の車種、ここのホームページでチェック。