共通点を持つ車種

共通点を持つ車種

同じだけど名前が違う

自動車を購入しようとしていろいろな自動車メーカーのカタログなどを見ているとたまにこんな感覚に見舞われることがあると思います。
「この車、他でも見たような気がする」確かに何となく違う気もするのですが、他の自動車メーカーのカタログにもあったような気がしてきます。
比べてみたらどうやらほとんど同じで、メーカー名の入っているエンブレムや車名のステッカーが違うだけのようです。
こういった車種はOEMであることが多く、基本的には同じ車なのです。
OEM車は自動車メーカー同士がOEM契約を結ぶことで供給されるもので、お互いの不得手とする部分を他社の車を使って埋めるというものです。
プロ野球の世界でいうところのトレードみたいにお互いに車を供給しあうのが定番となっています。
このOEM供給というのは、ホンダ以外の自動車メーカーすべてが行っており、日産やトヨタ、マツダなど軽自動車を苦手とする自動車メーカーが発売する軽自動車は、全て三菱やスズキ、ダイハツなどの軽自動車のOEM供給によって販売されているのです。
逆のパターンではダイハツでトヨタのカムリをアルティスとして、プリウスαをメビウスとして販売しています。
どうして他社の車を売るのかというとそれは、1台の車を開発するよりは、一時的に権利費用を払ってでも他社の車を販売したほうがコストはかからないのです。
こういう事から全く同じ車でありながら販売されるディーラーや車の名前が違う車が存在するのです。

注目の車種、ここのホームページでチェック。