共通点を持つ車種

共通点を持つ車種

ハイブリッドの方向性の違い

燃費が良い車として今一番注目されているのがハイブリッドカーといわれる車です。
2つの異なるものを使って1つの目的を達成させるものをハイブリッドといい、それを車に置き換えると、2つの動力源を持つ車という事になります。
2つの動力源というのは一般的にガソリンエンジンと交流電気モーターという事になり、この2つの動力源を持つ車のことをハイブリッドカーと呼ぶことになっています。
ハイブリッドカーというとトヨタのハイブリッドシステムが有名ですが、それ以外にも日産やホンダ、三菱、スバルなどがハイブリッドシステムを搭載したハイブリッドカーを販売しています。
一言でハイブリッドシステムといっても、そのあり方は様々で、トヨタのプリウスやアクアのような電気モーターでの走行をメインとしているハイブリッドモデルがある一方、CR-Zやインサイトなどが搭載しているホンダの一世代前のハイブリッドシステム、IMAのようにエンジンでの走行をメインとするハイブリッドシステムも存在するのです。
一般的に電気モーターの依存度が高いハイブリッドシステムは燃費はいいが走行性能が悪くなる傾向があり、逆にエンジン走行に依存度が高いハイブリッドシステムは燃費はそれほど良くありませんが、エンジンならではの優れた倉庫に性能を持つことができるのです。
同じハイブリッドシステムでも、どちらに依存度が高いかによって、燃費性能や走行性能が全く違う車が生まれてくるのです。
ハイブリッド=低燃費、確かのそうなのですが、必ずしもそうではない車種があるという事も覚えておきましょう。

注目の車種、ここのホームページでチェック。